会社概要

会社概要

会社松村株式会社

商号松村株式会社
創業1862(文久2)年
設立1949(昭和24)年8月19日
資本金1億円
代表者代表取締役社長 松村 滋
売上高132億円(2016年12月期)
従業員数97名(2016年12月期)
事業内容繊維原料部:生糸・絹撚糸
絹紡糸・紬糸・化合繊など

繊維製品素材部:和装用絹織物
浴衣・着物・縫製加工など

きもの事業部:きもの・帯
その他和装製品・縫製加工
振袖消費者催事販売など

製品事業部:メンズ・
レディース衣料・ネクタイなど

システム開発事業部:
コンピュータソフトの開発
取引先(株)スミテックス・豊島(株)
(株)GSIクレオス・三山(株)
モリリン(株)・(株)ヤギ
信友(株)・瀧定名古屋(株)
日鉄住金物産(株)・蝶理(株)
スタイレム(株)
三菱東京ファッション(株)
(株)ユナイテッドアローズ
三越伊勢丹通信販売(株)
(株)BIGI
国内外の絹織物メーカー
着物メーカー・着物小売店 等
商号松村株式会社
創業1862(文久2)年
設立1949(昭和24)年8月19日
資本金1億円
代表者代表取締役社長 松村 滋
売上高132億円(2016年12月期)
従業員数97名(2016年12月期)
事業内容繊維原料部:生糸・絹撚糸・絹紡糸・紬糸・化合繊など

繊維製品素材部:和装用絹織物・浴衣・着物・縫製加工など

きもの事業部:きもの・帯・その他和装製品
縫製加工・消費者催事販売など

製品事業部:メンズ・レディース衣料・ネクタイなど

システム開発事業部:コンピュータソフトの開発
取引先 (株)スミテックス・(株)GSIクレオス
豊島(株)・三山(株)・モリリン(株)・(株)ヤギ
信友(株)・瀧定名古屋(株)
日鉄住金物産(株)・蝶理(株)
スタイレム(株)・三菱東京ファッション(株)
(株)ユナイテッドアローズ
三越伊勢丹通信販売(株)・(株)BIGI
国内外の絹織物メーカー
着物メーカー・着物小売店 等

社長挨拶社長挨拶

社長

松村株式会社は1949年の設立以来、
シルクビジネスを発展させてきました。
時代の変化に合わせて事業領域を拡大し、
業態を変化させながら愚直に努力を続けました。

生糸・絹撚糸の輸入商社として国内トップシェアとなり、 和装用の絹織物の分野でも後発ながら業界トップとなって、 お客様との取り組みを深めています。

着物や浴衣、アパレル製品も取り扱うようになり、 特に和装マーケットでは原料から製品まで 強固なネットワークと生産体制をとっています。
営業範囲は海外へも広がり、イタリアやインドなど 主なシルク消費国の専門商社やメーカーとの取引を増やしています。

中国やベトナムの生産背景を活かして、
流通業からメーカーとしての要素を強めながら、
常に新しい分野への挑戦を続けております。
時代の変化に合わせて自ら変革し、
挑戦し続ける企業風土を大切にしながら、
お客様と共に事業の発展を目指していきます。

区切り線
社長

松村株式会社は1949年の設立以来、
シルクビジネスを発展させてきました。
時代の変化に合わせて事業領域を拡大し、
業態を変化させながら愚直に努力を続けました。

生糸・絹撚糸の輸入商社として国内トップシェアとなり、
和装用の絹織物の分野でも後発ながら業界トップとなって、
お客様との取り組みを深めています。

着物や浴衣、アパレル製品も取り扱うようになり、
特に和装マーケットでは原料から製品まで
強固なネットワークと生産体制をとっています。
営業範囲は海外へも広がり、イタリアやインドなど
主なシルク消費国の専門商社やメーカーとの取引を増やしています。

中国やベトナムの生産背景を活かして、
流通業からメーカーとしての要素を強めながら、
常に新しい分野への挑戦を続けております。
時代の変化に合わせて自ら変革し、
挑戦し続ける企業風土を大切にしながら、
お客様と共に事業の発展を目指していきます。

会社沿革

1862 (文久2年) 創業
1949(昭和24年) 京都市上京区御前道仁和寺街道上ル下堅町169において
株式会社松村糸店設立、資本金200万円
1963(昭和38年) 京都市北区北野紅梅町49に新社屋竣工
同年9月に丹後支店開設
1965(昭和40年) 輸入生糸の取扱開始
1967(昭和42年) 傍系会社、丸松株式会社設立
(不動産、貸ガレージ、損害保険業務)
1969(昭和44年) 払込資本金1億円に増資
1973(昭和48年) 日中友好商社に指定
1978(昭和53年) 中国貿易拡張に伴い、上海連絡所開設
1979(昭和54年) 会社設立30周年
1985(昭和60年) 業務内容の多角化に伴い、
松村株式会社に社名変更
1989(平成元年) 織物部・テキスタイル部を新設
1992 (平成4年) 織物部の業務拡大に伴い、室町営業所開設
名称を繊維素材部に変更
1999(平成11年) きもの事業部を新設・会社設立50周年
2001(平成13年) 京都市下京区烏丸通五条上ルに新社屋完成。
市内各営業所を統合
テキスタイル部・ネクタイ部の業務拡大に伴い
製品事業部を設立
繊維原料部・繊維製品素材部
きもの事業部・製品事業部の4事業部体制発足
2008(平成20年) システム開発事業部を新設
2009(平成21年) 会社設立60周年
2013(平成25年) 繊維製品素材部 正絹製品課を新設
2017(平成29年) 日本経済団体連合会に加盟
社内の写真

会社組織図


本部

繊維原料部
1課 (国内):生糸・絹撚糸
2課 (海外):生糸・絹撚糸・絹織物
3課:絹紡糸・紬糸・各種シルク混紡糸・シルクスライバー
4課:各種化合繊糸・化合繊撚糸

繊維製品素材部
素材課:和装用絹織物(白生地)
製品課:浴衣企画生産・合繊和装・打掛など和装縫製加工
正絹製品課:着物企画生産・着物縫製加工

きもの事業部
製品課:着物・帯・和装小物・消費者催事販売
縫製課:着物の縫製加工

製品事業部
2課:アパレル企画生産
3課:ネクタイOEM生産
4課:アパレル海外生産代行・シルクアパレル企画

システム開発事業部

総務部・経理部・人事部